STUDIO M - 商品特性アイコンについて

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > ● コンテンツ > STUDIO M - 商品特性アイコンについて

>> STUDIO M' 商品一覧へ

色ムラ

素材の特性上、焼き上がりの色にバラつきがあることがあります。
同じカラーを複数お選び頂いたときに、それぞれに色が異なったり、色ムラが見られることもございますが、その商品ならではの味としてご愛用ください。

凹凸有り(荒土使用)

風合いを増すために、小石を多く含んだ荒土を使用している器です。表面に凹凸が見られたり、表面に小石が出る場合があります。
荒土を使うことで、ざっくりとした素朴な印象に仕上がります。

「御本手」有り

焼成するときに、粘土に含まれる鉄分などの成分が釉薬に反応して染み出る、淡い紅色の斑点やまだら模様を「御本手」(ごほんて)と言います。
粉引きや透明釉で仕上げたものに見られやすいです。
個々に表れ方はさまざまですが、その器の個性としてお楽しみください。

釉薬垂れ

釉薬(素地の表面を覆っている、ガラス質の層のこと)が垂れたように固まった仕上がりを言います。ひとつひとつ違う表情をお楽しみください。

貫入有り

「貫入」とは、素地と釉薬の収縮率の違いによって生じる、釉薬表面のヒビのことです。 使用前に貫入が入っていたり、使用後に表れることもあります。
器本体には影響がありませんので、安心してお使いください。

目止め処理必要

米のとぎ汁で煮沸する作業を「目止め」と言います。初めて器をおろす前に行ないます。陶器は素材となる土が粗いため、吸水性が高く汚れが染みやすい性質があります。 目止めをすることで米のでんぷん質が表面の目を埋め、汚れが染みにくくなります。

直火使用OK

直火にかけて調理をすることができる器です。
調理の際についた食材のこびり付きや焦げ目を落とすときには、金属タワシで無理に落とそうとせず、落ちる範囲でやさしく洗ってください。

オーブン使用OK

オーブンの使用が可能な器です。
水で濡らした直後の場合は、オーブンに入れる前に器の外側の水滴を拭き取ってからお使い下さい。
オーブンから出した直後の熱くなった器を水に浸けたり、急激な温度変化を与えないようご注意下さい。

電子レンジ使用OK

電子レンジでの使用が可能な器です。
水で濡らした直後の場合は、レンジに入れる前に器の外側の水滴を拭き取ってからお使い下さい。
冷蔵庫から出した器をすぐにレンジにかけるなど、急激な温度変化を与えないようご注意下さい。

食器洗い乾燥機使用OK

食器洗い乾燥機の使用が可能な器です。
機械の中で器同士がぶつからないように、入れかたにはご注意ください。また、食洗機ご使用前に軽く汚れを洗い流してください。
なお、手洗いに比べて水に触れている時間が長くなりますので、より貫入が入りやすくなります。予めご理解ください。

>> STUDIO M' 商品一覧へ