10,000円(税込)以上のご注文で送料無料

  • ラッピングOK

<在庫限り>クチポール ミオ / Cutipol MIO ブラックシルバー テーブルスプーン

商品番号 GET-5664
価格 ¥ 2,090 税込
[ 42 ポイント進呈 ] *要会員登録
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

送料について

商品情報

サイズ 全長 21.6 cm
重さ 約36 g
素材 18-10ステンレス(マットシルバー加工) / 柄:樹脂
納期 最短3営業日前後
・お振込の場合は、お支払い後の発送となります。
その他 ・ポルトガル製
・柄の部分に樹脂が使われています。ステンレス先の結合部は鍵状になっていますので、外れることはありません。
・お湯と中性洗剤での洗浄がお勧めです。塩素系洗剤やクレンザー、スチールたわしは使用しないでください。
・食洗機のご使用時は下記にご注意ください。
90度以上の高温での洗浄はお控えください。
カトラリー同士の接触は傷の原因となりますので、狭い場所へまとめて入れないようご注意ください。
洗浄後は、すぐに取り出して乾かしてください。
・濃色の樹脂の柄には、オリーブオイルを塗布すると退色を防ぐことができます。
・小さな傷などが見受けられる場合がございます。裏側や程度の小さなものについては良品範囲とされておりますので、予めご了承ください。

商品詳細

GOAからの優美な進化

クチポール MIO テーブルスプーン1
1920年代の設立以来、ポルトガルの自社工場で一本一本丁寧に作られているカトラリーブランド「クチポール」。その洗練された美しさと機能性は、世界中から愛されています。
「MIO」は、「GOA」シリーズの使いやすさ、スタイリッシュな美しさはそのままに、金属部の形を変化させることで、より口当たりよく、よりエレガントに進化したシリーズです。

人間工学に基づいた実用的で美しいデザイン

クチポール MIO テーブルスプーン2
クチポール MIO テーブルスプーン3
クチポール MIO テーブルスプーン4
人間工学に基づいて設計された、使いやすさを実感していただけるデザイン。
樹脂製の持ち手はマットな質感ですべりにくく、適度な重みと丸みのある形は細身ながら手にすっと馴染んでくれます。
持ちやすいデザインに加えて、オールステンレスの製品と比較して軽量であることからも、食事の際の掬う、刺すといった複雑な動作も安定して行えます。
また重いカトラリーでは食事中に手が疲れてくるといった方にも、ストレスの軽減を実感していただけるカトラリーです。

金属部分はステンレス製で、お手入れしやすく衛生的。
マットな質感で落ち着きのある印象を与えてくれます。
傷がわかりにくいのも嬉しいポイント。

クチポール MIO テーブルスプーン5
シンプルで美しく、洗練されたフォルム。それでいて主張しすぎないので、どんなテーブルにも合わせやすく、料理を引き立ててくれます。
MIOは曲線が緩やかで、優美な印象を与えてくれるシリーズです。

クチポール MIO バリエーション1
ディナーフォークとテーブルスプーンはパスタやスープ、洋食の食事向けの一番大きなサイズです。
デザートフォークデザートスプーンは普段使いしやすい中サイズ。
サラダやヨーグルト、軽めに食べたい朝食のプレートなどのほか、女性やお子さまのメイン用にも。

三本歯が特徴のペストリーフォークは、デザートフォークよりひと回り小さなサイズ。
ケーキやフルーツにぴったりのサイズ感です。

ティースプーンはプリンやアイスクリームなどにも使えるミニサイズ。
ディップ用として器に添えても素敵です。

出番の多いカトラリーは来客用にも揃えておきたいもの。
少しずつ集めるのも、楽しみのひとつですね。
シリーズで使うと統一感が出ておすすめですが、GOAシリーズ、MIOシリーズと揃えて、気分を変えて楽しんだり、来客に選んでもらったりしても楽しみが広がります。

クチポール MIO バリエーション2
クチポール製品一覧はこちら

GOAとMIOの違い

クチポール GOAとMIOフォーク比較
スタイリッシュなフォルムのGOA。MIOは緩やかなカーブを描いています。

クチポール GOAとMIOスプーン比較
画像左:GOAは正円、MIOは細長い楕円の形をしています。
画像右:GOAの深さに対し、MIOは浅く長い形をしています。


金属部の形状の異なるGOAとMIO。使用感では、特にスプーンに大きな違いを感じていただけるかと思います。
GOAは一度でたくさんすくってたっぷり口に含むことができるので、スープを飲むときの満足感やパスタを巻くフォークをしっかり受け止めてくれる安心感があります。一方でテーブルスプーンほどのサイズになると、女性や小柄な方の口には少し大きいという声も。
2019年に新たに発売された日本発のMIOは細長い形状で、すくってから口に運ぶまでの動作がスムーズです。緩やかな曲線は口当たり良く、軽い使い心地。オムレツを切ったり、あつあつのグラタンを食べるとき、カレーを食べるときなど、GOAとはまた違った良さがあります。

デザインによる印象の違いもポイント。
GOAは洗練された佇まい、MIOは緩やかなカーブがエレガントでやさしい印象。
お好みや食卓のイメージ、用途で選んでみてくださいね。