STUDIO M - 陶器の取り扱いについて

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > ● 特集ページ > STUDIO M - 陶器の取り扱いについて

陶器の取り扱いについて スタジオMの商品特性

>> STUDIO M' 商品一覧へ

陶器について
陶器は一般的に強度が弱く、吸水性が高いため汚れが染みやすい性質です。
風合いを長持ちさせるためには、ご使用前に都度きれいな水に浸して下さい。5分〜10分浸すだけでも汚れの侵入を軽減させることができます。
*水分を含むと斑点が現われるものがありますが、乾くと消えます。
汚れが染み付いたら
丁寧に取り扱っても着色を完全に避けることはできませんが、多少の汚れなら市販の台所用漂白剤で落とすことができます。
デニムや木製品と同じように、使い込めば少しずつ良い味に変わっていきます。
粉引き(白化粧)について
粉引きとは、素地の上に白い化粧土を掛けて焼き上げる製法で、独特の柔らかな雰囲気が特長です。
ただ、化粧土は素地よりも柔らかいため、表面が釉薬ごと剥がれたり素地と釉薬の間に汚れが入り込んでシミになることもございます。
これらは粉引き製品の特性ですので、予めご了承ください。

陶器は素材となる土が粗いため、吸水性が高く汚れが染み付きやすい性質があります。使い始めに目止めを行なうことで、汚れが染みにくくなります。
1)鍋に器を入れ、器がかぶるくらい米のとぎ汁を入れます。
2)鍋を火にかけて、沸騰したら弱火にして20分煮沸します。
*沸き立たせたままだと鍋底や食器同士がぶつかり、割れる恐れがありますので、必ず弱火にしてください。
3)そのまま冷ましてから洗い、自然乾燥させます。
4)乾いたら目止め完了です。
*一度で目が埋まらない場合は、この作業を繰り返してください。


耐熱陶器のため、直火、オーブン、電子レンジ使用可能です。
IHには対応しておりません。
釉薬表面に貫入というクラックが入ることがありますが、特性によるものでご使用に差し支えありませんのでご安心ください。
ご使用前に目止めの処理を行なってください。
<土鍋の目止め処理方法>
土鍋に米のとぎ汁を入れて20〜30分煮立たせ、とぎ汁を入れたまま冷まし、軽くすすいで自然乾燥させてください。
*粗土を使用しているため、一度で目が埋まらない場合はこの作業を繰り返すか、使い初めにおかゆを炊いてください。

>> STUDIO M' 商品一覧へ

ページの先頭へ戻る